年月によって

給湯器は寿命を迎えていなくとも、お湯がでない、温度が安定しない、異音がするなどの故障が見られます。
その為、設置してからわずか1年程度でも修理が必要なケースもあります。
しかし、このように使用してから1年や2年後に生じた故障は、大抵「保障期間内」となりますので、保障を対応させた修理が可能です。

保証期間を過ぎた給湯器でも、4~5年程度の使用であれば修理でいとも簡単に直せる場合がほとんどです。
その為、深刻な修理が必要になるケースも少ないですので、修理依頼に意気込む必要もありません。

上記で述べたような期間を過ぎてしまうと、修理にもそれなりの時間や手間がかかります。
10年以上使用している給湯器の場合もこれにあたり、修理を行なうよりも交換したほうが安くつくことも多いです。

事前にメモをする

給湯器の修理の依頼は、電話で業者へ問い合わせるのはもちろん、メールやFAXでも行えます。
ここでの依頼では、使用している給湯器のメーカーや使用年月を伝える必要があります。
それに加えて故障の状態を伝えますので、それらの情報を1つのメモに予めまとめておくのもポイントです。

給湯器の修理の受付を24時間365日行っている業者もおり、一日でも早く修理の受付を済ませて給湯器を直したいといった場合も安心です。