セルフチェック

給湯器の故障が考えられる症状が出ていても、中には故障ではない場合があります。
その為、給湯器の修理を依頼する前には、まずはセルフチェックを行ってみるのがポイントです。

セルフチェックの1つが、ガス栓です。
ガスの力で稼働している給湯器の場合、ガスがなければお湯をつくるにもつくれません。
つまり、ガス栓をチェックして誤って閉めた状態でないかどうかをチェックします。
万が一閉まっていた場合、ガス栓を全開にしてから様子を伺います。

ガス栓の他にも、配管の凍結によってお湯が出ない場合があります。
凍結が起きていないかチェックを行い、凍結している場合はお湯をかけて溶かし、その後の様子を伺います。

大掛かりではない

セルフチェックをした後に、それでも故障が解消されない場合は給湯器の故障が考えられます。
給湯器の故障と判断した場合、専門業者へ依頼によて直してもらえます。
この時、給湯器を丸ごと交換せずとも故障の原因となっている箇所を修理すれば解決する場合も多いです。
その為、故障したからといって大掛かりな工事となるとは限りません。