10年前後

給湯器が故障する原因の1つに、寿命があります。
給湯器は20年~30年と長く使えるものでなく、その寿命は長くても15年前後になります。
その為、10年越しでしようしている給湯器の場合だと、大切に使用してきたとしても何らかの故障が生じてしまうものです。

給湯器の修理では、給湯器の交換もできます。
寿命を迎えている給湯器は、完全に故障してしまう前に予め交換しておくのもひとつの手段です。

兆候を把握しておく

給湯器の修理を行なう目安として、故障の兆候を把握しておく方法があります。
給湯器はいきなり故障する場合もあれば、事前に故障の兆候が生じている場合もあります。
前述したようにこの兆候を把握していれば、急な給湯器の故障にあわてることなく対処できますし、事前に故障を回避するのも可能です。

故障の兆候としては、お湯の温度が安定しない、お湯がなかなか出ないなどどれも給湯器の故障のような症状です。
しかし、このような症状が継続的に続くのではなく「たまにそれらの症状が出る」「数日で改善される」となれば故障の兆候になります。